物件の内装工事についてまとめたインフォメーションサイト

オフィスの内装工事費用と内装工事費用の抑制

一般的なオフィスの内装工事費用の目安

一般的な内装工事をオフィス予定の居抜き物件ないしスケルトン物件に施工する場合、最低でも200万円を要し、この200万円の基礎工事費用に諸経費を加えた金額が内装工事の費用となることから、相場で考えるなら費用として300万円は準備するのが望ましいでしょうし、内装工事によって完成予定のオフィスのコンセプト次第では、更に費用が高まるかも知れません。

具体例を挙げてみると、ブティックで約250万円、ラーメン屋で約500万円といった具合ですが、オフィスとは条件が異なるので、必ずしもこの限りではありませんし、コンセプトごとに異なる設備を考慮するなら、300万円程度が相場であったとしても、コンセプト次第では、過不足が生じることは十分にあり得るため、オフィスの施す内装工事のコンセプトに応じた予算を用意することをお勧めします。

オフィスの内装工事費用を抑えるために

基礎工事費用の高さに加えて、コンセプトに応じた内装を施すための内装工事も高額になりがちなオフィスの内装工事は、妥協しなければ工事費用を下げることは叶わず、かといって、妥協をし過ぎてもオフィス環境を整えるという本来の目的から外れてしまうため、費用を抑えるにしても匙加減が難しく、オフィスに限らず内装工事は費用を抑制することが難しい工事です。

それでも、オフィスの内装工事費用を抑制したいのであれば、設備や事務用品等のグレードダウンやデザイン性の度外視といった形での費用抑制、あらかじめ予算を定めた上での設備ないし事務用品の発注、あるいは、専用の設備及び事務用品であることの必要性を精査するといった対策が無難でしょう。


シェアする

B!