物件の内装工事についてまとめたインフォメーションサイト

オフィスの内装工事費用はコンセプトによっても変わる

何のためにオフィスの内装を工事するのか

オフィスの内装について深く考える機会は少ないでしょうし、ましてや、内装の意味について考える機会はほとんどないでしょうが、オフィスの内装にはコンセプトに応じたオフィス環境を整える機能があり、オフィスの内装工事はオフィスのコンセプトを社の内外に示して、人材の獲得や会社のカラーを伝えることに繋がります。

もちろん、オフィスの内装を整えたからといって人材が集まるとも、会社のカラーをアピールできるとも限りませんし、そもそも、関心を持っている相手でなければ、人材の誘因効果や会社のアピールは意味をなさないでしょうが、会社選びに際して、同程度に関心を持った会社のどちらを優先するかといったシーンでのアピールにつながる可能性もあるなど、決して無駄にはなりません。

オフィスの内装工事費用が高額になる要因

基本的にオフィスの内装工事は、高額な傾向にあり、安くても200万円は必要となる工事であることから、基礎工事自体が高額なタイプの費用全般が膨らみやすい工事であると言え、中でも、コンセプトが社員にとっての快適さの追求、あるいは休憩時間の充実といった、社員の労働意欲を損なわないためのサポートに重きを置いている場合、設備の充実や空間的な問題もあって、特に工事費用がかさみやすいと言えるでしょう。

つまるところ、オフィスの内装工事費の高額化は、基礎工事自体の費用とコンセプトに応じた設備及び空間によるところが大きく、内装工事費の高額化は半ば必然であり、内装工事を必要とするシチュエーションにあって、内装工事費を抑制するのは難しいのです。


シェアする

B!